田舎暮らし千葉外房不動産情報 千葉県房総半島九十九里



Internet Nova

田舎暮らしをするなら千葉県の不動産情報満載の新茂原ホームへ。千葉県房総半島の九十九里・茂原市・長生郡を中心に、住み替え物件、リゾート物件、中古住宅など物件が豊富で、いろいろな条件で検索ができます。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

都会に住むメリットとは何でしょうか。人によって様々な意見があるかと思いますが、一番の理由は交通の便です。東京に近いことから仕事するにも会社に通いやすく、遊びに行くにも都市部のエリアに簡単に行くことができます。こうした理由から都会に住む人が多いのですが、これは言い換えれば仕事を引退したり、もう都会で遊ぶような年頃でなくなれば、都会に住むメリットはあまりないとも言えるのではないでしょうか。そこで、田舎の暮らしを考えてみると面白いかもしれません。田舎は都市部と違って、土地が広々としています。そのため、同じような値段でも広々としたスペースでゆったりと暮らしていくことが出来ます。もちろんそうなれば庭も広大です。広い土地を利用してガーデニングや家庭菜園をしてみると楽しいかもしれません。もちろん水や空気がたいへんにきれいですから、こうしたことを行うのには最適の環境になります。また、田舎といえば山奥を連想するかもしれませんが、決してそうとも言い切れません。最近では千葉県の九十九里や房総半島が田舎暮らしとして注目もされています。こうした沿岸沿いでは、景色が最高です。都会ではどこの町も同じような風景で、しかも単調です。合理的に作られた町は仕事をしていく上では役立ちますが、ゆったりとくつろげる雰囲気ではありません。通勤電車で外の景色を眺める人は多くないでしょう。ですが、沿岸沿いの田舎町では違ってきます。どこまでも澄み渡る美しい空を眺め続けることが出来ます。排気ガスも少ないので、とても空は美しいでしょう。もしも仕事をリタイヤすることになって第二の人生を考えているのであれば、わざわざ都会に残り続ける必要もありません。もっと環境がよく、落ち着いた場所で過ごすことができれば、人生の楽しみも新たに発見することが出来ますし、美しい景色を毎日堪能することが出来ます。今では昔と違いインターネットを活用すれば多数の物件が見つけられるので、一度ご覧になってみると良いでしょう。
Tagged on: ,田舎暮らし千葉外房不動産情報 千葉県房総半島九十九里